行政書士に相続業務を依頼するメリット

相続は、被相続人の死亡によって、遺された財産を相続人が取得する手続きです。相続手続きは、相続人調査、相続財産調査、遺産分割協議書の作成、など、さまざまな手続きがあります。これらの手続きは、法律に関する知識や経験が必要であり、専門家に依頼することが一般的です。

相続業務を依頼できる専門家としては、弁護士、税理士、行政書士などが挙げられます。それぞれの専門家には、それぞれ得意分野や対応できる業務範囲が異なります。

行政書士は、官公署に提出する書類や権利義務、事実証明に関する書類の作成や手続きの代行を専門とする国家資格者です。相続業務においては、相続人調査、相続財産調査、遺産分割協議書の作成、預貯金の解約など、様々な業務に対応することができます。

相続業務を行政書士に依頼するメリットは、以下のとおりです。

身近な存在として相談しやすい

行政書士は「身近な街の法律家」と言われています。弁護士に相談するのは敷居が高いな。と思われている方でも、行政書士であれば気軽に相談できます。

また、書類作成の専門家である行政書士であれば、「遺言書があるから相続人の調査だけしてほしい」「遺産分割協議書の文案だけ作ってほしい」等の、相続に関するささいな内容でも相談する事ができます。

相続のお手続きが発生し、紛争性がない場合、誰に相談しようかと悩んでいるのであれば、ひとまず行政書士へ相談してみると解決の第一歩となる事があります。

相続に関する様々な業務に対応してくれる

行政書士が行える相続手続きは、相続人調査、相続財産調査、遺産分割協議書の作成、預貯金の解約など、様々な業務に対応してくれます。

また、相続財産に自動車が含まれている場合の自動車名義変更、車庫証明申請は行政書士のみ扱う事ができますし、被相続人の事業(営業許可)を相続(地位承継)する場合の営業許可の変更のお手続きも代行する事ができます。

費用が比較的安い

行政書士の報酬は、弁護士や税理士に比べて比較的安い傾向にあります。例えば、遺産分割協議書の作成を依頼した場合、行政書士の報酬は、10万円前後が相場です。弁護士に依頼した場合は、20万円前後が相場となります。

費用を抑えたい方には、行政書士への依頼がおすすめです。

ただし、行政書士には、相続税に関する事、不動産登記に関する事、紛争や相続の放棄等の裁判所に関わるような事については認められておりません。

相続のお手続き

相続のお手続きは、まずはお亡くなりになった方の出生から死亡までの戸籍、各相続人の戸籍と住民票を取得します。取得した戸籍等を元に以下の書類を作成していきます。

 ・取得した戸籍を元に相続人を確定、相続関係説明図を作成。

 ・遺言書がない場合遺産分割協議書を作成。全相続人で署名と押印(ご実印)。

上記にて作成した書類を元に、各金融機関での預貯金解約のお手続きや、相続不動産の所有者変更登記のお手続きが発生します。

当事務所での相続手続きの流れ

※相続財産に自動車がございましたら、自動車の名義変更、車庫証明も当事務所にてさせて頂きます。

注意事項

●不動産登記に関しましては、司法書士のお手続きとなります。
 差し支えなければ、当事務所にて司法書士をご案内させて頂きます。

●遺産分割協議が整わない、相続人が不明(どこにいるか分からない)、等で裁判所とのやり取りが
 必要となった場合、当事務所ではお取り扱いできませんので、ご了承下さい。

その他詳細に関しましては、別途ご相談いただいた時にご説明させて頂きます。

関連記事

相続土地国庫帰属制度 流れ

○農地を相続する場合の注意点